2018年07月26日

包丁の錆びあれこれ。

ステンレスは錆に気を使わなくても良い(・ ・?素材ですが、白、青等の鋼は気を使わないと直ぐ錆びて来ます。

ただ鋼の包丁全部が錆びにピリピリしとかなあかんのかちゅうと、そ~でも無くて、物次第ではちょっと気を抜いても大丈夫(・ ・?な物も有ります!

しっかり錆びるんですよ!けど質が違うって言った方が良いかな(・ ・?


包丁が錆びる原因は酸素と鉄の分子が引っ付いて・・・と理系の小難しい話になるんですが(^_^;)、鋼に含まれる炭素の量もいくらか関係が有るらしです。

詳しくは解らないんですけど、良い物ほど手入れし難い錆になりやすい様に思います。

白1鋼や青2鋼はポツポツとした見た目地味~な点の錆が出来やすいんですが、この錆は奥深くまで入る傾向が強くて、白3鋼等は表面全体に錆が出やすいけど深くまで入る事は少ないとか。
(長時間放置したら一緒みたいですけど・・・(^▽^;)

高価な鋼の包丁程、錆に気を使わないといけなくて、気を抜いていると月面みたくボコボコになって、跡を消すまでかなり削る事になります。


画像は使ってる青二鋼ですが、黒いポツポツした物が錆びの初期段階です!

刺身作った後にびちゃびちゃ状態で10分程放置してただけなんですけど・・・(^▽^;

これ見つけたら速攻で磨いて下さい!

悪化するとクモの巣みたいな感じにボッコリと深く錆びて来ます・・・(-_-;)

かたや白三等は全体的に派手な錆が出る傾向に有りますが、奥まで入る事は少なく錆びの中期段階位でもクレンザーとナイロン束子もしくはステンの束子なんかで擦ると結構綺麗に落ちる事が有ります。

鋼材が柔らかい分錆び落としも白二以上の鋼材より速く済ませれますからメンテナンスが非常に楽なのは間違いないです。

錆が気になるんやったらステン素材が良いですが、切れ味や砥ぎやすさを求めると鋼に勝る物は有りません!
(高価なステン包丁は別ですけどね。)

鋼の中でも少しですが手入れが楽なのは白三鋼やないでしょうか(・ ・?

ちなみに、前にも少し書きましたがステンレス鋼材の銀三でも錆びます!

画像はいつも出て来る銀三鋼の切付け型柳刃ですが、黒くちっちゃいポツポツがステンレス鋼の錆びでして・・・(TωT;)

気を付けてたんですけどね~~(>_<)

拡大すると・・・(^▽^;
黒く深く錆びてしまってます・・・(´;ω;`)ウゥゥ

鋼の上級品はこれがもっと大きく派手に出来ます・・・(-_-;)

こうなるとかなり削らないと無くなりませんのでお気お付けください・・・( ノД`)シクシク

黒錆びは金属が安定してる証拠みたいですが、ピカピカの物にポツッって有るんは嫌なもんでして・・・(-_-;)

対策はしっかり水気を拭き取って油を塗っておく!これが一番です。


良い鋼材は切れ味も良いですが、その分いろんなリスクも伴って来ます。

白紙二鋼使用!や青鋼スーパー使用で鋭い切れ味!!って巷の販売文句に騙されず(・ ・?どんなリスクが有るのかを知ったうえで自分のスタイルに有った良い物を探して下さい((´∀`*))
  


Posted by まねき  at 01:11Comments(0)包丁